「転職は、35歳までが限界」、そういった言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。

 

しかし、人によっては、35歳を過ぎてどうしても転職先を見つけざるを得ない人もいるでしょう。

以前の雇用環境と違って、少子高齢化社会が進む日本では、将来ずっと1つの会社に勤務できる人のほうが珍しくなるはずです。

育児から復帰して、正社員として働きたいと思う人もいるでしょうし、勤務先が何かしらの事情によって倒産、もしくは人員整理の可能性が強く転職活動を進めざるを得ない人もいるでしょう。

今までとは、まったく世の中の仕組みが変わっていくなか、35歳過ぎてから転職活動をしなくてはいけない人が出てくると思い、このサイトを立ち上げました。

 

35歳を超えたら、コンビニバイト、タクシー運転手、飲食勤務しか道はないのか!

はじめに断っておきますが、私はどんな職種であっても、職業に貴賤はないと考えております。

しかし、年齢を考えたとき、就業先の職種や業界がどういった特徴があるのか、メリット・デメリットも当然考慮する必要があります。

 

35歳を超えたら転職活動が思う様に進まないから、コンビニのバイトしか道がないのか、タクシーの運転手として辛酸を味わうのか、それとも畑違いの飲食店の店長でもやればいいのか。

これから先の転職活動が漠然としているときほど、そして、思うように進まない転職活動が続くと、こういった不安や心配が頭をよぎりますよね。

 

でも、少し待ってくださいね。

 

35歳を超えたら、働く先を選ぶ余地は少なくなっているとはいえ、まずは気分を落ち着けてください。「貧すれば鈍ず」の状態で、転職活動を進めることだけはやめてください。

安易に楽に物事を進めるのは危険です。すぐに働く必要があるなら、バイトによって当面の収入を確保することもありえるでしょうが、転職先として考えた場合、安易に「今の自分でも雇ってもらえそうだから」などと考えるべきではありません。

でないと、あなたの今後の人生は本当に暗く大変なものになってしまいます。

それに、そんなあなたを雇う企業の身にもなってください(あなたが採用担当なら、数合わせの間に合わせ採用のために、とりあえず働ければいいや、なんて思ってる人を本気で採用しなかったはずです!)。

 

35歳を過ぎてから転職せざるを得なくなった人は、どうか、このページを最後まで見てください。

 

 

転職活動を成功に結び付けるための超大事なこと

  1. 正しい情報と最新の情報を把握すること
  2. 自分が歩んできたキャリアを正しく相手に伝えること
  3. より効果の高い方法で転職活動を進めること

この3つがすべてです。

これは、35歳を過ぎてから転職しようと考えている人だけでなく、第二新卒のような20代の人、転職自体が初めてという30代前後の人にも当てはまることです。

転職活動を進めるうえで、この3つのポイントを絶対に抑えてください。さらに、35歳を超えてからの転職活動をうまく進めるためには、20代のころよりも、それぞれの項目のレベルが上がっていると思ってください。

 

どういうことか説明しますね。

 

正しい情報と最新の情報を把握すること

 

そもそも、転職活動というのは、結婚などと同じように人生の中で、何度も何度もやるものではありません。

一生のうちで、何回か経験するくらいで、中には、一つの会社に勤務し続ける人もいるでしょう。

そして、過去に転職したことがある人は、過去の情報のままで転職活動を進めるのは非常に危険です(時代はどんどん変わり、便利なサービスが出たり、以前はブラックな環境だった企業も社内の体質を見直していくところもあれば、以前はホワイトだった会社も経営環境の悪化に伴いほころびが出始めるなど、といったことがありえるからです)。

 

このために、今のあなたが知っている情報自体が古い可能性があります(というより、知ってること自体が確実に古いと思ってください)。

さらに、今のあなたが知っている情報自体が間違っている可能性があります(というより、誰かから聞いただけの情報は正確性に欠けるのです)。

 

正しい情報と最新の情報を把握するために一番必要なことは、「自分の目で、情報を集め確かめること」です。

 

 

自分の歩んできたキャリアを正しく相手に伝えること

 

転職活動がうまくいかなかったり、慣れていないときは、あなた自身のキャリアを伝えることができていないと思って下さい。

あなたが頑張って書いた職務経歴書は、相手側に正しく情報を伝えるための要素を満たしているでしょうか?

企業の採用担当者が、どうやって職務経歴書を見ているか、あなたは知っていますか?

 

さらに、自分自身のことを正しく相手に伝えるためには、あなた自身を客観的に捕らえる必要があります。

毎朝起きたら、鏡の前で身だしなみを整えるのはどうしてでしょう。それは、鏡を見ないと、身だしなみができているかどうかすら、わからないからです。

転職活動においても、あなた自身を映し出す鏡となる存在が必要になります。

 

より効果の高い方法で転職活動を進めること

35歳からの転職活動を進めるうえで、大切なことは、「効果測定」です。

もっとわかりやすく言えば、効果のあったこと、あったところを少しずつ深堀りするのです。

たとえば、ある転職サイトに登録して応募をしてみたけれども、書類選考すら通らない、となった場合、同じことをずっと続けていても、時間が経過していくだけになってしまいます。

また、転職先がブラック企業でないかどうかを確認するために、書類選考すら通過していないのに、企業の情報を深堀したところで、時間がもったいないということはあなたにも理解できるはずです。

 

効果のあったところを掘り下げていき、やったことに対する反応がないものは、どんどん切り捨てて下さい。

その取捨選択の物差しとするために「効果測定」という考えが必要となるのです。

 

 

転職活動の超プロを、無料で味方につけろ!

そして、奥の手です。

転職活動をするとき、あなたは、何も知らないなま大海原にたたされているわけです。

たくさんの情報のなかから、情報を取捨選択して、転職活動成功というゴールにたどり着き、第二、第三の人生を歩むためには、転職事情や最新の業界の情報に通じたその道のプロを味方につけるべきです。

これが、私の考える最高の方法です。

 

転職活動のプロを味方につけるとは?

あなたに代わって、あなたの築いてきたキャリアに合わせた求人内容を探してくれて、あなたの希望する職種や業界の情報や求人案件をリストアップしてくれる、さらに、あなたという存在を適切にそして最大限効果的に、企業の採用担当者に伝えるための鏡になる存在がいます。

 

そんな、転職活動のプロの力を借りて35歳転職限界説を覆すのです。

 

その転職のプロとは・・・・転職エージェントのことです。

 

 

あなたの味方となるおすすめの転職エージェント

  1. ワークポート

    猫1

    私が最初に面談と就職相談を受けたエージェントさんです。この企業あってこそ、私の転職活動は道が開けました。IT系が多いとはいっても、営業やプログラマーだけの案件ではなく、事務系やSVなどの職種も取り扱っています。ワークポートさんは、他社に比べて、就職相談に乗ってくれるための準備が極めて少なくお手軽さがあります。IT系に進むことを考えていない人でも、転職活動のアドバイスを受けるために、登録をお勧めします。

  2. DODAエージェント

    猫2

    インテリジェンス系の人材紹介サービスです。DODAのサイトは、35歳を超えても応募できる企業数が多いので、登録は必須です。DODAエージェントは、転職サイトのDODAに登録することで無料で登録できます。

  3. 項目名などが入ります

    猫3

    ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。

  4. 項目名などが入ります

    ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。

  5. 項目名などが入ります

    ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。ランキングに関する説明文が入ります。

  6. 項目名などが入ります

  7. 項目名などが入ります

  8. 項目名などが入ります

  9. 項目名などが入ります

  10. 項目名などが入ります

 

 

求人掲載情報も含めて、テキスト情報だけで企業の実態、サービスの実態を判断するのは極めて危険です。

情報化社会の今だからこそ、自分の目で見て判断することをお勧めします。

 

 

 

結論から言ってしまえば、私にとってワークポートさんは、転職活動をする上でのよき水先案内人でした。

豊富な業界情報や業種情報、そして最新の転職動向といった、一般の人が持っていないような鮮度と確実性の高い情報をたくさん持っています。

転職活動をスムーズに進めるためには、正しい情報をできるだけ集め、最新の転職活動に詳しい人からアドバイスやフィードバックを受けつつ、面接によってフィルタリングをしていく必要があります(特に35歳を超えてからの転職活動をうまく進めるためには、書類選考前にあれこれ考えたり掲載企業の情報を深堀するのではなく、面接に進んだ企業についての情報を集める。